外壁は家の顔に

新築一戸建てを選ぶ時、もちろん理想や希望で選ぶのも大切ですが、実はチェックすべきポイントがいくつもあります。 納得のいく物件と出会うためにも、私たちもそれなりの知識をもっておくべきです。 そうでないと、不動産業者がせっかく詳しく説明をしてくれても質問が出来なかったり、話が分らなかったりする可能性もあります。 では、物件選びの時の大事なポイントの一つである外壁についてご紹介です。 家を建てるには外壁が必要ですよね。 では、一般的にはどんな外壁があるのかといいますと、「サイディング」「セメントモルタル」「タイル」「ALC」があります。 サイディングというのは、いくつか材料があります。 「窯業サイディング」は、セメント質と繊維質が原料で、セメントや木材などの非金属系の原料を窯で高熱処理をして作られたものです。 「木製サイディング」は、木材を加工して作られたもので、木ならではの質感や温かみが人気です。 「金属サイディング」は、鉄やアルミニウムを表面に使用し、芯には発砲系樹脂断熱材を補強材として使用したものになります。 軽くて扱いやすいのが特徴です。 「樹脂サイディング」は。プラスティック系の原料からつくられたもので、弾力性や耐久性が高く、軽いのが特徴です。 サイディングの他には、セメントモルタルというものがあり、これは湿式の外壁仕上げの方法です。 塗り方によって外観に様々な表情を出すことが出来、職人の腕にも左右されるものです。 タイルは皆さんよく御存じだと思いますが、石や粘土を細かく砕いたものを焼き固めた物で、耐久性や対候性に優れており、外観も美しい仕上がりになるのが特徴です。 しかし、下地が劣化すると剥がれてしまったりもしますし、なによりコストが割高なのです。 ALCは、初期費用はかかるものの、コンクリートの弱点である重さを克服した高機能なものになります。 耐久性にも優れ、汚れも付きにくいですし、年月が経過しても劣化などの変化が少ないのです。

Dream mutter

ページの上部へ